周辺ガイド

青葉山(あおばやま)

福井県と京都府にまたがる標高699mの秀峰。別名「若狭富士」とも呼ばれています。
山頂からは丹後・敦賀半島から越前岬の絶景が楽しめ、多くの登山家が訪れます。7月には、この山しか見られないオオキンレイカが咲き乱れます。

所在地
高浜町青郷地区(京都府北東部)

青葉山ハーバルビレッジ

ハーブや地元の旬野菜を使った手づくりメニューが食べられるカフェや、青葉山オリジナル商品を販売するショップ、キャンプ&BBQ施設など、高浜の自然を満喫できるスポットです。

所在地
高浜町中山2-4
詳細
若狭高浜・青葉山ハーバルビレッジ

城山公園(しろやまこうえん)

若狭湾に向かって、小さく突き出た半島にあり、眼前には青葉山が望めます。城山公園遊歩道は、室町時代に築城されたといわれる高浜城跡や、八穴の奇勝(明鏡洞ほか)、灯台などの散策が楽しめるコースとなっています。

所在地
高浜町事代

安土山公園(あづちやまこうえん)

標高80mというなだらかな安土山一帯が公園となっており、清々しい風の中ゆっくりと散策を楽しむことができます。登り口の和田海岸側、頂点付近展望台からの青葉山の眺めは最高です。

所在地
高浜町安土132

五色山公園(ごしきやまこうえん)

敷地内に4000本の桜やツツジがあり、四季折々に違った花の色を見せるのが五色山公園です。敷地内には他にも、ヒロセオートキャンプ場、絵画や陶芸を楽しめる匠の美術館、工芸工房などがあります。

所在地
高浜町山中64-3-1
詳細
五色山公園公式サイト

馬居寺(まごじ)

若狭和田駅の南側の馬居寺(まごじ)集落の奥にあり、推古天皇の時代、聖徳太子がこの地を観音の霊地であるとして堂塔を建てたのが縁起とされています。本堂には重要文化財の馬頭観世音菩薩座像、本堂右手には五輪塔や鎌倉期以降に造られたといわれる数百体の石仏が並んでいます。
桜と紅葉の名所としても知られています。

所在地
高浜町馬居寺3-1

中山寺(なかやまでら)

霊峰青葉山の中腹にある、北陸三十三ヶ所観音霊場第1番の中山寺。本堂や金剛力士像は国指定重要文化財に指定されており、山門からは美しい高浜・和田海岸を一望できます。

所在地
高浜町中山27-2
詳細
青葉山 中山寺

大成寺(だいじょうじ)

若狭三十三観音霊場第31番札所の寺であり、若狭国守護大高重成が、1344年に小浜の大成寺と共に建立し、その名前を寺号としたといいます。
諸堂が焼失した後、1550年に領主・武田元光が伎西堂を開山に招いて再興しました。町の文化財指定を受けています。

所在地
高浜町日置(ひき)31-3
詳細
瑞應山 大成寺

高浜町郷土資料館

3つの展示室と2つのギャラリー、多目的ホールからなり、美術工芸資料や民族文化資料のほか、この地に伝わる民話や伝承芸能も展示されています。

所在地
高浜町南団地1-14-1
詳細
高浜町郷土資料館

若狭たかはまエルどらんど

熱帯雨林をテーマにした体験型展示ゾーン・トロピカルワンダーや驚きと発見が溢れるトロピカルアートに包まれたサイエンスワンダー等、かけがえのない地球の姿と触れ合いながら、エネルギーや科学の大切さを楽しみながら学ぶことができます。

所在地
高浜町青戸4-1
詳細
関西電力 若狭たかはまエルどらんど

道の駅「シーサイド高浜」

高齢者や障害者にも配慮した温浴施設「湯っぷる」と飲食・物販施設「ジェノバ」など地域の特色を活かした休憩施設です。露天風呂やジェットバス、塩サウナなどを備えた「湯っぷる」は、大人600円、子供400円で利用できます。

所在地
高浜町下車持46-10
詳細
道の駅 シーサイド高浜

まちの駅「ぷらっとHOME高浜」

高浜の特産品や加工品の直売所「高浜市場きなーれ」、その「高浜市場きなーれ」に出荷された新鮮な素材を使ったランチを楽しめるカフェ「Tea+honey(ティーハニー)」、他にもコミュニティーキッチン、多目的室ふれあいルーム、情報コーナーなどが集まるま高浜町のまちの駅です。

所在地
高浜町宮崎77-1-8
詳細
まちの駅 ぷらっとHOME高浜

このページの先頭へ戻る